不整脈のカテーテルアブレーション治療について


【不整脈とは】

gazou不整脈とは、脈が遅くなったり早くなったり、不規則に乱れた状態のことをいい、動悸・息切れ・めまいなどの症状をはじめとし、重症例では失神や突然死を起こす病気です。

脈拍数が50拍/分以下の場合を徐脈といい、重度の場合にはペースメーカー治療が必要となることがあります。
一方、安静時に脈拍数が100拍/分以上の頻脈が続く場合は、まず内服薬による治療を行いますが、効果が乏しい場合にカテーテルアブレーション治療が必要となるケースがあります。

カテーテルとは「心電図の電極が付いた細い管」のことをいい、足の血管から挿入し、心臓の内側から心電図をとる検査をまず行います。

アブレーションとは「焼灼術」のことをいい、不整脈の原因となる部分を焼いて治す治療法のことです。
不整脈の種類には数多くのものがありますが、具体的には心房細動・心房粗動・発作性上室性頻拍(WPW症候群)・心室性期外収縮・心室頻拍といった不整脈がよい適応になります。
心房細動は脳梗塞の原因として知られており、心室性期外収縮も持続時間が長い場合、心臓がバテて心不全になるケースや悪化して心室頻拍になるケースがあります。

心室頻拍とは、駅や街中で見られるAEDの対象となる不整脈で、突然死の原因となる不整脈です。
これら不整脈は、早期発見・早期治療でよくなります。健康診断で指摘された方、上記症状が気になる方、上記症状に苦しんでいる方は、是非一度受診し、病状をお聞かせください。

  ✤ 心房細動とは? 
  ✤ 心室性期外収縮とは? 

不整脈外来のご案内


【診察日】
   
  毎月 第4土曜日 午前(9:00~12:30)
    《担当医師》 循環器内科 前田 真吾  Maeda Shingo


  & 前田 真吾 医師 プロフィール gazou hspace=

 2001年 富山医科薬科大学(現 富山大学)医学部医学科卒業
 2012年 東京医科歯科大学大学院循環制御学卒業

 2001年~ 東京医科歯科大学医学部付属病院
       榛原総合病院 循環器内科
       土浦協同病院 循環器内科
       横浜南共済病院 循環器内科
       武蔵野赤十字病院 循環器内科
 2012年~ 東京医科歯科大学医学部付属病院 循環器内科 助教
 2013年~ ペンシルベニア大学 不整脈科 Research fellow
 2015年10月~東京医科歯科大学付属病院 循環器内科 特任助教

G Information

  • 第81回 日本循環器学会学術集会
          (2017/3/17~3/19 金沢)
      【演題名】
       Utility of Left and Right Atrial Anti-tachycardia Pacing for the Termination of Atrial
       Fibrillation during Catheter Ablation of Atrial Fibrillation
        [発表日時]2017年3月19日(日)8:30~10:00
      【演題名】
       Reduction of Radiation Exposure during Catheter Ablation of Artrial Fibrillation Using
       a New Image Integration Module:iMIRACLE Study
        [発表日時]2017年3月19日(日)10:10~11:00


  • アメリカ不整脈学会
          (2017/5/10~5/13 アメリカ シカゴ)
      【演題名】
       Utility of Simultaneous Left and Right Atrial Anti-tachycardia Pacing for the Termination
       of Atrial Fibrillation during Catheter Ablation of Atrial Fibrillation
        [発表日時]2017/5/12 13:30~15:00
      【演題名】
       Detection of Real Epicardial Substrate for Catheter Ablation of Brugada Syndrome
        [発表日時]2017/5/13 9:30~12:00


  • 第63回 日本不整脈心電学会 学術大会
          (2016/7/14~7/17 札幌コンベンションセンター)
      【セッション名】 Journal of Arrhythmia(JOA)Best Article of the Year 2015
      最優秀論文賞受賞    
       [タイトル]
        Seasonal,weekly,and circadian dircadian distribution of ventricular fibrillation in
        patients with J-wave syndrome from the J-PREVENT registry
                                掲載:JOA 31巻5号 P268-273

      【セッション名】シンポジウム9「The usefulness and the Limitaion of Subcutaneous ICD」
        [演題名]
        Safety and Utility of Subcutaneous Implantable Cardioverter Defibrillator for Primary
        or Secondary Prevention

     教育セッション:パネリスト
       [日時]  2016年7月17日(日)15:30~17:00
       【セッション名】 Emerging Leaders - Unknown Device Tracking -


  •   
  • 日本不整脈学会 カテーテルアブレーション関連秋季大会2015
          (2015/10/15~10/17 ビッグパレットふくしま)
      ベストアブストラクト賞受賞

       [タイトル]
       Contact Force Sensing Catheter と CARTOUNIVU が有用であった心外膜起源心室頻拍の一例:
       Novel method to avoid complication during VT ablation


  • 第80回 日本循環器学会 学術集会
          (2016/3/18~3/20 仙台)
      シンポジウム 講演

       [タイトル]
       Safety and Utility of Subcutaneous Implantable Cardioverter Defibrillator in Patients
       with Undesirable Transvenous Access

      一般演題 講演
       [タイトル]
       1.Efficacy and Safety of Heparin Bolus in Patients on Warfarin Versus Non-vitamin-K
         Oral Anticoagulants during Catheter Ablation for Atrial Fibrillation

       2. Recovery of Renal Dysfunction after Catheter Ablation of Outflow Tract Ventricular
         Arrhythmias in Patients with Ventricular Premature Depolarizarion Mediated
         Cardiomyopathy

  • Heart Rhythm 2016
          (2016/5/4~5/7 サンフランシスコ)
      一般演題
       [タイトル]
       Recovery of Renal Dysfunction after Catheter Ablation of Outflow Tract Ventricular
       Arrhythmias in Patients with Ventricular Premature Depolarization Mediated
       Cardiomyopathy



  • 【所属学会・専門医】
      日本内科学会 日本循環器学会 日本不整脈学会 日本心電学会
      内科専門医 循環器専門医 不整脈専門医 日本医師会認定産業医