愛宕病院最高顧問 福島孝徳医師

頭蓋底手術の権威として「神の手をもつ男」として世界から高く評価され、 現在、日本でもその名が広く知られている脳神経外科医・福島孝徳氏。 アメリカを拠点に活躍されている現在でも、 年に数回帰国され、各地で困難な脳神経外科手術を行っています。

愛宕病院では、福島孝徳医師を2014年より脳神経センター最高顧問にお迎えしております。 頭蓋底外科の手術を含め、多くの脳神経領域の疾患に対して、福島医師にご指導いただき、さらなる医療技術の向上に日々努めております。

  ・  高い技術との出会い

福島孝徳医師の診察・手術をご希望の患者さまへ

 G 今後の来院予定
  2016年10月12日(水),13日(木)

診察は完全予約制となっております。
なお、来院日には手術を予定しております。 外来診察は手術の状況によりお待たせすることがあります。 ご了承ください。


福島孝徳医師の診察・手術をご希望の患者様は、愛宕病院 脳神経センターまでご連絡ください。

  • 連絡先

  •   愛宕病院 脳神経センター
      ( 088-823-3301(代)
      e-mail mizo@atago-hp.or.jp

    福島孝徳医師執刀の手術は見学が可能です


     【手術見学希望の先生方へ】

    愛宕病院では福島孝徳医師を脳神経センター最高顧問に迎えており、2ヶ月に1回程度来院し、困難な脳神経外科手術を行っています。

    見学が可能ですので、ご希望の場合は事前に下記までご連絡ください。
    ただし、見学は医師に限らせていただきます。


      
  • 連絡先

  •   愛宕病院 総務課
      ( 088-823-3301(代)
      e-mail : info@atago-hp.or.jp


    福島孝徳医師 経歴

    1942年 東京都出身
    1968年 東京大学医学部卒業後、同大学医学部付属病院脳神経外科臨床・研究助手
    ドイツのベルリン自由大学Steglitzクリニック脳神経外科研究フェロー
    米国メイヨー・クリニック脳神経外科臨床・研究フェロー
    1978年 東京大学医学部付属病院脳神経外科
    1980年 三井記念病院脳神経外科部長を努め、頭蓋底の鍵穴手術を確立
    1991年 南カルフォルニア大学医療センター脳神経外科教授
    ペンシルバニア医科大学アルゲニー総合病院脳神経外科教授
    アルゲニー脳神経研究所頭蓋底手術センター長を歴任
    手術や講義のため世界を駆け巡りながら、後進のため頭蓋底手術実習セミナーを開催
    1998年 カロライナ頭蓋底手術センター所長およびデューク大学脳外科教授
    現在カロライナ脳神経研究所、デューク大学とウエスト・ヴァージニア大学の教授を努め、脳外科顕鏡下手術の 「全米トップ」と評される
    スウェーデンのカロリンスカ研究所、フランス・マルセイユ大学の教授、ドイツ・フランクフルト大学の教授も兼任
    日本でも年間200例を超える手術を全国の病院で行っている
    & 福島孝徳医師 プロフィール
    東京大学医学部卒業
    デューク大学教授   カロライナ頭蓋底手術センター所長   ウエストヴァージニア大学教授   マルセイユ大学・フランクフルト大学教授
     
    福島孝徳公式サイト