愛宕病院頭痛センター

当頭痛センターでは、さまざまな頭痛に対して専門的な治療を行っています。 患者さんの症状により疑われる頭痛に対して必要な検査を行い、必要な治療を行います。

頭痛外来のご案内

片頭痛患者は約840万人いるのですが、「忙しい」「しばらく我慢すると治る」といったことで約3割の方しか受診しません。 また受診してもその59%が脱落します。 脱落患者の半数は正しく診断されていません。

gazouこのようにこれまで頭痛患者さんは、勇気をふりしぼって受診しても、 正しく診断されない、適切な治療が行われない、検査でなんでもないと言われたなどの理由で病院に行かなくなります。しっかり話を聞いて治療してくれる病院が少なかったのです。

頭痛外来の古典的な使命は危険な頭痛を診断し、治療することです。 最も怖いのは、命にかかわるくも膜下出血などの頭痛です。 CTやMRI(磁気共鳴画像装置)検査で、その有無を確認する必要があります。しかし、そこで異常がないと、“それでおしまい”ということが多く、 片頭痛などは治療されることがなかったので、患者さんは満足していなかったのです。

しかし、この10年間で片頭痛の予防薬や発作の治療薬が登場し、治療の選択肢が増えました。 生活に支障がない程度に改善させるという目標も、達成可能になっています。

片頭痛は治療が必要な病気です。 市販薬を数回飲んでも改善しないような場合は、当頭痛センターの頭痛外来を受診してください。

当頭痛センターでは、頭痛専門医・脳神経外科専門医が直接お話を伺い、 疑われる頭痛に対して必要な検査をそれぞれの患者さまに合わせて行います。 CT、MRI検査、頚椎などのレントゲン検査だけでなく、生活習慣病の関わりが考えられる場合には血液検査などを行います。 その日の内に結果をお話しし、必要な治療等のご相談を行います。

予約制となっておりますので、受診をご希望の際は、事前にご連絡をお願いします。

診察時間:午前9:00~12:00(火木金)/
     午後2:00~5:00(木)
担 当 医:溝渕 光 / 朴 啓彰